第77回例会(若手講演会)

第77回例会(若手講演会)

関西レオロジー研究会では,レオロジーの分野に新しい風を吹き込む気鋭の若手研究者による講演会を毎年開催しております.研究者同士の幅広い交流の機会でもありますのでふるってご参加ください.

共催

日本レオロジー学会 関西レオロジー研究会
神戸大学大学院工学研究科

日時

2019年11月29日(金)14:00-16:50

場所

神戸大学工学部 5W-301講義室

講演

14:00~14:05   開会あいさつ
14:05~14:55 「結合交換型動的共有結合を組み込んだvitrimer型エラストマーのレオロジー的性質」
名古屋工業大学大学院 生命・応用化学専攻 林 幹大 氏
14:55~15:50 「分子量および分子量分布が結晶性高分子固体の構造と物性に与える影響」
広島大学大学院 工学研究科 木田 拓充 氏
15:50~16:00  休憩
16:00~16:50 「高分子の物理劣化および物理再生理論に基づいた廃棄プラスチックの新規再生技術創製について」
株式会社日産アーク 冨永 亜矢 氏

参加費

無料です.ただし,社会人で当研究会の今年度の催しに初参加の方は, 年会費3000円を当日会場にて申し受けます.(学生は無料です.)

問合先

関西レオロジー研究会 松宮由実
京都大学化学研究所