火. 11月 29th, 2022

「コロナにも還暦にも負けないレオロジスト(第二段)」として,還暦を迎える(迎えられたばかりの)先生方に講演して頂きます.様々な分野の最前線でご活躍の講師の先生から,レオロジーの魅力を語っていただきます. 最新の研究に触れる貴重な機会ですので,奮ってご参加ください.
 なお,対面とZoomを併用したハイブリッドで実施します.

主催

日本レオロジ-学会 関西レオロジ-研究会

共催

大阪大学大学院理学研究科

日時

令和4年9月26日(月)13:30~

場所

  • 大阪大学 豊中キャンパス
    理学部D棟D303号室
  • Zoom

対面とZoomを併用したハイブリッド形式で実施します.

プログラム

  1. 13:30-14:30
    大変形ガラス状高分子の非線形緩和時間
    吉岡 真弥 先生(大阪電気通信大学)
  2. 14:40-15:40
    ゴム充填系における充填剤の補強効果
    竹中 幹人 先生(京都大学)
  3. 15:50-16:50
    水素社会と高圧水素貯蔵タンクライナー材料の開発について
    徳満 勝久 先生(滋賀県立大学)

参加費

 無料.
 今年度の当研究会会費を未払いの方は,年会費3000円を当日会場にて申し受けます.
(学生は無料です.)

  • 振込先(オンライン参加者,事前支払い希望者向け)

    三菱東京UFJ銀行
    京都支店 普通 3366507
    社団法人日本レオロジー学会
    (学会本体とお間違えないようご注意下さい)

申込み

 以下URLからお申込み下さい.
 https://forms.gle/doVg3gDJ4xQrcDCM6

 Googleフォームが利用できない方は,問い合わせ先メールアドレスまで,
 1)氏名,2)所属,3)学年(学生の場合),4)参加形態(対面/Zoom/未定) をメールにてご連絡下さい

 申込〆切 9/24(土)

問合先

 浦川 理(大阪大学大学院理学研究科)
 E-mail: admin@kansai-rheology.org

By admin